FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三輪さらにさらにつづき

後シテは作り物の中から謡い出し、常の通りシテ、ワキの掛け合いは作り物の内外で謡う形です。地謡の上歌「烏帽子狩衣」あたりで作り物の後から姿を現し、謡いっぱいに常座に進んで立ち、一方ワキは下がって両手をつきシテを拝します。
これも常の形と同様ですが、ただし通常の形では緋の大口に長絹、烏帽子の姿ですが、素囃子の小書では大口を着けず、縫箔を腰巻に着けて長絹を懸け、烏帽子を載せた形です。長絹は黄色の地に金使ったとても綺麗なもの。
「烏帽子狩衣、もすその上に掛け」という謡に従った装束なのかもしれませんね。

正中へ進んだシテは静かに立ち、クリ、サシを聞いて、クセは舞グセ。「かく年月を」から舞い出します。基本的には曲舞の型ですが、苧環に糸を結び付けるといった詞章に合わせての型が織り込まれています。

「八百万の神遊、これぞ神楽の始なる」で扇を木綿(ゆう)付きの榊にかえ、常座で正面を向いて三足ほど出て作り物に寄りつつ「千早振る」と謡って作り物に答拝。太鼓が加わって神楽、と思ったのですがここはイロヱになりました。
舞台を一廻りして、ワカ「天の岩戸を・・・」で大小前から正中へ出て、見所に背を向けて作り物に向かい下居。岩戸の前に座した形ということでしょうか。

「・・・神楽を奏して舞ひ給へば」と謡って、ここで神楽です。小書のため常の形とは神楽の場所が違うんですね。
神楽の最後で、笛座側から作り物に入り、地謡の「天照大神その時に岩戸を少し開き」と下居のまま雲扇、岩戸が開いた感じです。

地謡「一体分身の御事」あたりで橋掛りへ出、一ノ松で一度振り返った後、シテはそのまま幕に入り、その姿を下居合掌して見送ったワキが、最後に立ち上がって正へ詰めて留となりました。

素囃子の小書では、囃子の秘事が多くあるらしいのですが、なにぶん素人のことで「緩急があって面白い・・・」くらいしかわかりませんでした。
ですが今回の三輪、神遊や白式神神楽などとはまた違った奥の深さを感じた次第です。
(95分:当日の上演時間を記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/677-660026c7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。