FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

宝の槌 野村萬斎(梅若研能会)

和泉流 観世能楽堂 2008.1.14
 シテ 野村萬斎
  アド 高野和憲 野村万之介

この宝の槌は新年などには良く演じられるため、このブログでも善竹十郎さん、山本東次郎さん、大藏千太郎さんと、三人の方の宝の槌について鑑賞記を書いています。ですが、おわかりの通り、お三方とも大藏流でして、和泉流の宝の槌は書いておりませんので、今回も少しばかり書いてみようと思います。

アドの主人が長上下で先に立って登場し、後からシテの太郎冠者が登場して、現奇特のある宝を求めに太郎冠者が都へ上ることになる、という冒頭の部分は、大藏流と特段変わるところはありません。

とは言え、いつもながら萬斎さんらしい表現が随所にあり、都のにぎやかな様子に「ウワー」とも「ウォー」ともいうような頓狂な声を出したり、ついつい笑いに引き込まれます。
都のすっぱ万之介さんが登場し、一ノ松で名乗った後、太郎冠者を欺してやろうと声をかけるのも型通りです。が、持ち出した太鼓の撥が本当に使い古した色の撥でして、これはなかなか面白い。

さて大藏流同様にすっぱは「手は綺麗か」と太郎冠者に問いますが、大藏流では「今朝手水を使って云々」と答えるところ「随分手は綺麗でござる」とあっさり答えてしまいます。これは、後ほど太郎冠者が主人に問うところでも同じですね。
このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/678-d0560f1b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。