FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

野守 白頭 天地之声 梅若万佐晴(梅若研能会)

観世流 観世能楽堂 2008.1.14
 シテ 梅若万佐晴、ワキ 村瀬純
  アイ 竹山悠樹
   大鼓 原岡一之、小鼓 幸正昭
   太鼓 小寺真佐人、笛 成田寛人

このブログでは、金剛流工藤寛さんの野守について鑑賞記を書いていますが、今回は観世流。しかも白頭、天地之声の小書がついて、だいぶんに重い扱いになっています。

通常は、まず後見が塚の作り物を大小前に据えます。金剛の工藤さんの時もこの形でしたが、小書がつくと塚を出さない場合があり、特に今回の天地之声の小書では中入りの形の違いが見せどころでもあるため、塚が出ないままにワキの登場となります。

ワキは村瀬さん。次第で登場してきますが羽黒山から出た山伏という設定。割合するすると出た感じです。
次第の謡については先日ちょっとした豆知識を書いておきましたので、あわせて参照頂ければと思いますが、型の通り常座で鏡板を向いて次第を謡った後、大峰、葛城に参ったことがないので大和へ行こうと志している旨を述べ、道行を謡って大和の国春日野についたということで、ワキ座に着座します。

すると一声で前シテ、野守の老人が登場してきます。小格子厚板に水衣の老人姿で右手に杖を持って、杖をつきながらの登場です。
このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/681-3799c7b3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。