FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

野守さらにつづき

続くロンギから中入りとなります。
地謡の「疑はせ給ふかや鬼の持ちたる鏡ならば」で杖を手に立ち上がり、橋掛りへ進んだ後、一ノ松で振り返ってワキに左手を延べて杖を捨て、するすると中入り。
通常の形では作り物の塚の中に中入りするのですが、この日は天地之声の小書のため幕への中入りです。

間狂言は春日の里人。ワキに対して野守の鏡の謂われを再度語ります。アイを野守とする場合もあるようですが、本日は里人での語りアイです。

ワキの謡から、常の形では出端が奏されて塚の中からシテが「ありがたや」と謡い出しますが、天地之声の小書がついてシテは幕内から謡い出します。
さらに地謡とシテの掛け合いになり、地の「鬼神に横道なく」でテンポが急に上がり、シテが走り出る形。白頭の小書がついて装束が変化しています。

この姿にワキは「恐ろしや打火輝く鏡の面に」と謡い、シテの姿をおそれる様を謡います。これに対してシテは「恐れ給はば帰らんと」と立ち去る風を見せますが、ワキが引き留めて「法味にうつり給へとて」シテが「重ねて数珠を」そしてワキが「押し揉んで」と謡い数珠を揉んで祈り続けます。

小書のため舞働キは省略され、シテは中ノリの地にあわせて力強く足拍子を踏み、鬼神の姿を力強く豪快に演じました。
足拍子も小書のためか替の拍子になっているのですが、余りに複雑で囃子の間に合っているのかいないのか、わからなくなるような感じでした。
(63分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/684-14808549

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。