FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島さらにさらにつづき

息もつかせぬ語り物を堪能すると、ワキが中入り前の霊の言葉を繰り返し、ワキツレと供に待謡。一声での後シテの出となります。

後シテは法被、半切で甲冑姿を表し、常座で「落花枝に帰らず、破鏡再び照らされず・・・」とサシを謡います。大変に美しい法被姿です。
ワキが「もし判官にてましますか」と問いかけ、シテが「われ義経の幽霊なるが」と我が身を明かしてワキとの掛け合いの謡。地謡の上歌で夢物語をしようとシテは床几にかかります。

数日前に書いたとおり、弓流の小書がつくと、観世流ではここでの床几を常の鬘桶に代えて小鼓方の床几にし、小鼓方は鬘桶に座します。言い伝えでは、ある時、後見が鬘桶を出すのを忘れてしまい、機転を利かせた小鼓方が自らの床几を出してシテに座らせたとか。小鼓方は後見が遅れて持ち出した鬘桶に座して演奏したのが、小書として定着したのだと聞いたことがあります。
翁の打掛りのように、遅参した大鼓方が大鼓を打ちながら登場したのを小書として定着させたというものもあるので、弓流の床几もそんなきっかけだったのかも知れませんが、勝修羅として尊重されている屋島で、シテが床几にかかって采配する姿を見せるのが武家の時代に好評だったということなのでしょうね。
なお、小鼓方はこの際の鬘桶として、シテ方の通常のものではなく、自分用の特注品を持っている方が少なくないとか。前場は通常の床几を使い、後場で鬘桶に替えます。

さて床几にかかるとクリの謡。以前、謡の話で書きましたが、私はクリの謡が一陣の風の様な感じがして、場面の展開を感じて好きなのですが、この日の地謡も良い感じでした。

シテの謡から地謡の「元の渚はこれなれや」となりますが「足並にクツバミを浸して攻め戦ふ」で囃子が入りシテが立ち歩き始めます。常の形ではこの跡のクセの前半まではシテは床几にかかったままですが、ここが弓流の小書の主たる中身ということになります。
長くなりますので、この項、もう一日つづきます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/694-b30a5cab

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。