FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島もう一日つづき

立ちあがったシテはワキ座あたりで立ち止まり、弓に見立てた扇を落とします。
シテの謡「その時、何とかしたりけん 判官弓を取り落とし」とまさに言葉のままの場面。小鼓の手に合わせての所作ですが、小鼓方の重い習いになっている部分。

さらに落とした弓を探す風で常座まで向かい、「駒を波間におよがせて」で馬に乗った型から、二、三足正中へ寄り、「終に弓を取り返し」とワキ座近くの扇を取り上げ、「元の渚に打ち上がれば」と再び床几にかかってクセになります。

クセの前半は型通りに床几に座したままで聞きますが、「小兵なりと言はれんは、無念の次第なるべしと」で少し面を伏せた形が、何とも悔しげな顔に見えたのは不思議なところ。上げ羽の後「惜しまぬは一命なれば」で立ちあがり、舞台を回る形になります。

修羅の鬨の声が聞こえ、修羅道の有様を見せる形で「矢叫びの音、震動せり」とアイ拍子を踏みカケリへ。弓流や大事の小書がつくと省略されるのが一般的ですが、この日はカケリが入り、舞台を廻り橋掛りへと入って一ノ松で開き「今日の修羅の敵は誰そ」と謡いました。

「その船戦今は早」から能登守教経との激しい戦いの有様となり「海山一同に震動して」で再び舞台に戻ります。常の形では最後に雲扇で夜が明けたことを示し「朝嵐とぞなりにける」で留の拍子を踏みますが、今回は「浮き沈むとせしほどに」でまた橋掛りを進んで一ノ松で止まり、「波より明けて、敵と見えしは」から謡のテンポが急に速まる中、一度目の「浦風なりけり高松の」でシテは幕に走り込み、いわゆるワキ留の形で、ワキがその後ろ姿を見送る形で立って留の拍子を踏みました。

松木さんのシテは初めて拝見しましたが、緩急ある気持ちの良い演技で、古の義経もかくあったかと思う一番でした。
(111分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/695-9c136240

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。