FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

文荷のつづき

さて文をつけた竹の棒を担いだ二人ですが、太郎冠者が文を次郎冠者の方に寄せると、次郎冠者が重くなったと騒ぎ出します。次郎冠者が自分の方に文が寄っていることに気付き、真ん中に置けということで、また二人で担いで歩きます。
それにしても、ただ文を担っていくのもつまらないので、その様を謡にして謡いながら行こうということになり、恋重荷の一節を謡いますが、やがて文を下ろして二人座り込んでしまいます。

すると太郎冠者が文を見たいと言いだし、次郎冠者が止めるのも聞かずに開いて読み上げます。この内容でまた大騒ぎ。「恋し、恋し」と小石が沢山書いてあるから重いとか、「お懐かしさは富士の山にて」と富士山まで書いてあるので重いはず、などと打ち興じているうちに、二人で手紙の取り合いになり、文を破ってしまいます。

さてどちらのせいだとしばらく言い合いしていたものの、これはきっと叱られるので文を捨てて逃げてしまおうということになり、「志賀の浦を通るとて、文を落いた 浜松の風の便りに」と扇を出して二人で文を扇ぎます。富太郎さんのときは扇いで先方に文をやることにしようという算段であおぐ形でしたが、微妙に違いますね。

さて二人が文を扇いでいる主人が登場し、二人を追い込む形で留になります。
富太郎さんの時は、次郎冠者は先に逃げて幕に入り、シテの太郎冠者が破れた文を「お返事でござる」と差し出す形でしたが、この日はまず次郎冠者が「お返事でござる」と差し出して逃げ、その後、さらに太郎冠者が文をたたんで「お返事でござる」と差し出して追い込まれる形でした。

何度も観ている狂言ですが、万作さんと万之介さんの息の合った芸のせいか、とりわけ面白かったように感じました。
(23分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/697-a74bbe4c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。