FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

古態の翁の話

先日触れた古態の翁の話を書いてみようと思います。
前回書いたとおり、この試みは昨年五月に横浜能楽堂で演じられたものを、あらためて宝生能楽堂で録画し直したものだそうですが、配役は前回と全く同じで以下の通りになっています。

観世権守(翁・父尉) 観世銕之丞
宝生権守(翁) 田崎隆三
 観世方千歳(面箱・三番三) 山本東次郎
 宝生方千歳(面箱・延命冠者) 山本則重
  笛 一幸弘
 小鼓 曾和正博、曾和尚靖、住駒充彦
  大鼓 柿原崇志
 観世方後見・地謡 浅井文義、柴田 稔、馬野正基
 観世方後見・地謡 小倉敏克、武田孝史、宝生和英
 三番三後見    山本則直、山本則俊

前回書いたように、秀吉の催した会での四座立合の翁では四つの舞台を組み、囃子方も四組登場した様子なのですが、現代の能楽堂では無理な話で、囃子方は一組ですね。

権守は観阿弥以前の古い時代に、座の大夫が名乗っていた官職名風の芸名といったところでしょうか。そうそう、観世というのは観阿弥が名乗った芸名のようなもので、世阿弥も観世を名乗っていたらしいという話を、以前、このブログにも書きました。

ともかくも、これだけの人数が登場したわけで、生で観たかったというのが正直なところです。
さてこのつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/701-2b405ce0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。