FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

研究会を観に行く

出張帰りに研究会に寄ってみました。
五時半の開演直前に観世能楽堂に到着。渋谷の駅から小走りに急いで、やっとという感じです。突然思い立ったので、チケットは当日券。
入ってみると正面はほぼ満席ですが、ワキ正、中正はけっこう空いていて、中正の前の方に陣取りました。

番組は、津田和忠さんのシテで嵐山。いや春らしい良い雰囲気の能でした。
狂言が山本則直さんのシテで雁礫。同じ大藏流でも大蔵吉次郎さんのシテで観たのとは、けっこう印象が違います。
仕舞三番を挟んで、清和さんの舞囃子で求塚。これは見事でした。
最後に武田尚浩さんのシテで頼政。力の入った演技でした。
附祝言は淡路だったと思うのですが、ちょっと珍しいですね。

それにしても9時終演まで観ていると、さすがに帰ってきたら日付が変わるところでした。
鑑賞記は式能の後になるので、暫く先になりそうです・・・

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/705-93fb8c0e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。