FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

粟谷能の会を観に行く

病み上がり、ってことになるんですが、今日は前々から楽しみにしていた粟谷能の会へ出かけました。
昨年秋の粟谷能の会のパンフレットに、次回三月の番組として邯鄲と隅田川が記されていたのを見たときから、これは行かずばなるまいと思っていた一件。

もちろんマスクしてますが、インフルエンザは治っても、この時期、花粉も心配なんですよね。毎年、この時期は出張ないし観能で東京に出かけ、その年最初の花粉症の発症をみるっていうのが、パターンになってます。

それはさておき、明生さんの邯鄲、これは傘之出の小書き付き。万作さんシテの狂言「鶯」をはさんで、能夫さんの隅田川と、ね、観に行きたくなるでしょ。

見所は満席でした。金春や金剛の例会だと空席が多いんですけどねぇ。
入り口の扉に「拍手は囃子方が入るまでしないでほしい」との注意書き。好感持てます。きちんと書いてあった方が気持ち良いですし、見所も迷わなくて良いと思うんですね。今回は特に、この囃子方が入るまで拍手をしないというのが効果的だった気がしますが、その話はいつか鑑賞記の中で。

邯鄲のアイは萬斎さん。渋い演技でした。
邯鄲の間狂言は狂言口開に始まり、要所をしめる重要な役ですが、傘之出の小書がつくと最後がまたさらに重要な役どころになりますね。
どうかして、邯鄲って「楽(ガク)」あたりからずっと息を詰めてみてしまって、苦しい観能になってしまいます。でも緊張するんですよねぇ。楽の途中あたりから、なんだか時間が歪んでくるような気がしてしまいます。

隅田川は、正直のところ、ひっさしぶりに本当に隅田川らしい隅田川を観たって感じです。ホントに能夫さんの能って深いんですよね。前回の粟谷能の会は石橋でしたので、今回は「能を観たぁ」としみじみ感じた次第。

隅田川に子方を出すべきか、古くから議論のあるところですが、貴成クン、今回は良かったです。「母にてましますかと」を地謡が謡う喜多の形の方が、これを子方に謡わせる観世より良い感じです。
さらに今回はなんといっても地謡。友枝昭世さんの地頭で、特に子方が出たあたりからが出色でした。地謡で泣きそうになった。

鑑賞記は、・・・しばらく先ですね
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/712-a70b6ed9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。