FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鶴亀 松野恭憲(第48回式能)

金剛流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 松野恭憲
  ツレ 種田道一 豊嶋顕嗣
  ワキ 宝生欣哉、アイ 吉住講
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 金春國和、笛 一噌隆之

鶴亀って、観世流では大方の場合一番最初に習う謡なんですが、他流ではどうなんでしょうか。一番最初に習うというのは、まず構成が簡単で、そして全部がツヨ吟だけで出来上がっているため。とりあえず謡ってこんなものなんだ、というのを身につけるには手軽だといういうことでしょう。
たしか宝生はヨワ吟なんだそうで(もちろん全曲がというわけではありませんが)、宝生には曲入というクリ・サシ・クセが入る小書があるようですが、これもヨワ吟っていうことと関係あるのかも知れません。

まあそういうわけで、謡としては極めてポピュラーなんですが、能として観る機会はそれほど多くないような気がします。
昔、先生にうかがった話では、江戸時代に殿様がとりあえず演能するような場合に、それほど難しくなくて、まあまあ格好がつくということで良く演じられた曲ではないか、といったことでした。

シテの謡もあまり多くありませんし、大半は床几にかかったままで、最後に楽を舞ってキリになるという具合。それでいて、ツレ鶴・亀(子方の場合も)が太鼓入り中ノ舞を相舞するなど、全体としては簡潔ながらも変化のある構成になっています。
そしてなんといっても、シテはきらびやかな袷狩衣に半切、唐冠の堂々とした異国の皇帝姿で、なんといっても直面。私、この直面っていうのが重要なんではないかと思っています。舞っているのは間違いなく私です・・・って意味でも

曲の流れに沿っての記録はまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/713-177f8125

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。