FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鶴亀さらにつづき

実は出端を奏さず、庭の砂の地謡のうちにツレが出てしまう演出もあり、ものの本ではこちらの方が一般的なような書き方がされているものもあるのですが、私が見た限りではみな出端を奏していました。

さて鶴と亀は「子方ないしツレ」ということで、子方の場合もあるのですが、今回も(というのも私個人的にはなぜか大人のツレが鶴・亀を舞うのを観た方が多いようで)ツレが登場。
出端の囃子で橋掛りまで二人が出ると、地謡が「亀は万年の齢を経、鶴も千代をや かさぬらん」と拍不合の一セイを謡ってツレの相舞に入っていきます。

ともかく鶴・亀の二人による相舞。
鶴は紫の長絹に白大口で可憐な女性の姿。亀は金地のような単衣狩衣にやはり白大口で、邯鄲男かなあもう少し弱々しい感じもするのですが、ともかくこちらは男性姿で白垂ですが面とのアンバランスが亀といえば亀なんでしょうね。
天冠に鶴と亀の立て物を載せています。
太鼓入り中ノ舞ですがかなりテンポが速く、軽い感じです。舞遊ぶっていう雰囲気なんですね。

さらに舞い上げるとつづく大ノリの上歌「千代のためし数々に」に合わせて舞う形。
「一千年の 齢を君に 授け奉り」と左右からシテを拝礼し、立ち上がって地謡前に下居します。
地謡の調子が変わり「君も御感のあまりにや 舞楽を奏して舞ひ給ふ」で楽。
まずは床几に座したまま答拝して楽に入ります。笛を聞きつつ台上で立ち上がって舞い始め、笛の譜がルラー、ルラーと二度繰り返す二度目のルラーで台を下りて舞台上で舞を続けます。
楽の型は記載しませんが、皇帝に似つかわしい大振りな舞で貫禄ある松野さんらしい舞でした。

楽を舞い上げると、ノリ地に合わせて舞い続け「官人駕輿丁御輿を早め」で正先で左右、両袖を巻き上げ、常座に向かい小廻りして袖を下ろし、サシ込みヒライて留拍子を踏みました。めでたい雰囲気のでた舞台でした。
(54分:当日の上演時間を記しておきます。今回は次の昆布柿のために囃子方が残ったため地謡が入ったところまでの時間です)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/715-5ab71bce

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。