FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

田村さらにつづき

アイが下がるとワキの待謡。桜の木陰で夜通し法華経を読誦すると謡います。

これに引かれて一声で後シテ田村丸の霊が登場してきます。小書がありませんので常の形で袷法被に半切で、甲冑を帯びた姿を現した形。
常座でサシ込み、開イてワキの供養に感謝すると一セイ、サシを謡います。

ワキは、花の光に輝いて現れたシテの姿に、いったい誰なのかと問いかけます。
シテは舞台に進み、坂上田村丸の霊であることを明かして「勢州鈴鹿の悪魔を鎮め」で床几にかかります。

後場のクセ、前半は床几にかかったままで、馬上にあることを表す形。「関の戸ささで逢坂の」と幕の方を指し、また「石山寺を伏し拝み」と目付に向けて合掌するなど、謡に合わせた所作があります。
「勢田の長橋ふみならし」と正面に橋を見込む形を見せて少し腰を浮かせます。
戻して「すでに伊勢路の山近く」と謡った後、「弓馬の道も先かけんと」で立ちあがり、舞になります。

クセを舞い上げるとカケリになりますが、これは修羅道の苦患を示すような感じではなく、ただただ武将の勇ましさが強調される感じ。

そして「いかに鬼神もたしかに聞け」とキリに繋がってきます。「千方を捨つれば忽ち亡び」と目付へ出て、開ク型から地謡の「ふりさけ見れば伊勢の海」で足拍子を踏み、舞台を廻りキビキビとした舞を見せます。
「数千騎に身を変じて山の如くに見えたる所に」と大小前から小廻りし、左袖を返して雲の扇。綺麗な型です。

千手観音の出現に「千の御手ごとに」と目付で扇を左に取り、「大悲の弓には知恵の矢をはめて、一度放せば千の矢先」と常座から羽根扇で千の矢が射られた様を表します。
勇ましい動きとともに、観音の仏力が示されて、留となりました。

ところで以前書いたような気もするのですが、江戸時代の笑い話に、能の大夫に対して男が「千の御手に弓矢を持てば、千の矢先ではなく、弓も矢も五百ずつではないか」と問いただしたところ、大夫騒がず「ご不審はもっとも。さればこそ、その前に『あれを見よ不思議やな』と書いてある」と答えたという話があります。
(75分:当日の上演時間を記しておきます。次の蝸牛のため囃子方が残ったので、地謡が入るまでの時間です)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/721-1f1f65b2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。