FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝸牛 大蔵吉次郎(第48回式能)

大藏流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 大蔵吉次郎
  アド 善竹十郎 大藏教義
   大鼓 柿原崇志、小鼓 亀井俊一
   笛 内潟慶三

極めてポピュラーな狂言の一つですが、これまたこのブログでは初登場。
終曲の「でんでんむしむし」という囃子物は妙に耳についてしまい、この曲を観るとしばらく離れなくなってしまいます。

さて登場するのはシテ羽黒山から出た山伏。今回は田村から引き続いて囃子が残り、次第を奏して、シテの登場となります。次第といっても、もちろん能の次第とはいささか異なった狂言次第ですが、省略されることの多い狂言次第を奏したあたりが、式能らしいといえば式能らしいということでしょうか。

狂言次第で登場したシテは次第を謡って、自らの行力を自慢します。
この次第の謡「三つの峯入り駆け出なる 三つの峯入り駆け出なる 行者ぞ尊かりける」とか「大峰かけて葛城や 大峰かけて葛城や 我本山に帰らん」などと謡われますが、今回は「旅寝の衣は 露げて・・・云々」と違う謡でした。ただし残念ながら良く聞き取れませんでした・・・

常座で次第に続いて名乗ったシテの山伏は、舞台を一回りして常座へ戻り「空飛ぶ鳥も落とす」と、正中で上を見ながら出て、正先へと落とす形をします。
その後、眠くなったといって、大きな藪の中に入って寝ることにし、笛座の前あたりに横になります。

するとアドの主善竹十郎さんが出、常座で名乗った後、祖父(オオジ)の長生きを願って蝸牛を進上したいので取りに行かせようと太郎冠者を呼びます。
さてこのつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/723-1dc5d0a3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。