FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶 観世喜之(第48回式能)

観世流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 観世喜之
  ワキ 高安勝久、アイ 高野和憲
   大鼓 安福建雄、小鼓 幸正悟
   太鼓 金春惣右衛門、笛 一噌仙幸

休憩を挟んで、式能の二部は観世流、観世喜之さんの胡蝶から。以前にも書きましたが、特に複雑なストーリーがある訳でもなく、蝶の精が梅花に戯れる舞という、まあ可憐さを表現できるかどうかがこの曲のポイントというところ。

梅花というのは、蝶が四季折々に様々な花と舞遊ぶものの、早春に花を開く梅とは縁がないことを嘆くというのが背景になっています。
正直言って、どうでも良いって言えばどうでも良いような話なのですが、昔の人は情趣豊かだったんでしょうね。

さて後見が梅の立木台の作り物を正先に出し、ワキの登場となります。次第で登場し、常座で斜め後ろを向いての次第謡。
・・・高安流ではこの曲にワキツレを出さないのでしょうか。観世の本ではワキツレ従僧が出ることになっているのですが・・・そういえば宝生流、下掛り宝生流の組み合わせでもワキツレが出なかったような記憶もあります。
ともかく次第で登場したワキ吉野山の僧は、都の見物は初めてという設定。吉野から奈良を経て京都に着いたと道行を謡います。

ワキが正面を向き、一条大宮の由緒ありそうな古宮がある旨を述べ、作り物の立木台を見込んで、御殿の階段の下に梅の花が今を盛りと咲いていることに気付き、立ち寄って眺めようとワキ座へ向かいます。

このワキに幕からシテの里女が呼び掛けます。
いったん一ノ松で立ち止まり、内裏近い古宮に、古の梅の盛りには公卿殿上人が詩歌管弦の御遊を催した所と語って、舞台に入り常座へと進み出ます。
さてこのつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/726-0509671a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。