FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶さらにつづき

ワキの待謡は、胡蝶が夢に現れるのを待って、梅の木の下で仮寝すると謡い、後シテ胡蝶の出を待ちます。高安流のせいなのか、この謡、節付けが不思議な感じです。あまり聞き慣れないからなんでしょうか。

登場した後シテ胡蝶の精は、長絹に胡蝶の天冠をつけていますが、優美というより愛らしい雰囲気を出そうとした感じ。
一声で登場し、常座でサシを謡います。この謡で法華経の功徳で成仏を果たし、梅花にも戯れることが出来た喜びが謡われます。

ワキとシテの問答から、今は望みが叶い梅の花と隔てない身となった胡蝶の喜びが謡われ、「花に飛びかふ胡蝶の夢の、袂も匂ふ気色かな」と長絹の褄を取って一回りし、サシ込みヒラキから答拝して舞になります。

舞は太鼓入り中ノ舞。胡蝶の精という人ならぬものであるため、太鼓が入って異界からの到来を演出する形です。
以前このブログでも触れた宝生流や、金春、金剛流では中ノ舞を舞い上げた後にさらに破ノ舞が入りますが、観世では破ノ舞は入らず、キリの大ノリの地に乗って舞い続ける形。
「姿を消すや春の夜の」で橋掛りへ進み、「明け行く雲に」と一ノ松で左袖を返し、幕際まで進んで三ノ松でヒラキ、、春の曙の霞に紛れて消え失せたと袖を返して留拍子を踏みました。
このキリの部分はなかなかに趣あって、良い感じでした。

喜之さんの演能を観たのは久しぶり・・・そういえば九皐会も暫く観に行っていません。また神楽坂にもお邪魔してみようかなあ。
(71分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/728-f77dbf30

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。