FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小督のつづき

ワキは「唯今仲国が私宅へと急ぎ候」と一ノ松へ進み、幕に呼び掛けます。するとシテ仲国が登場。
観世流は前後場ともシテは同装で単狩衣に白大口を基本としますが、他流は前後で装束を替えるのが基本のようで、今回は風折烏帽子に黒色系の直垂上下の姿。ワキの呼び掛けに「御前にて候」と幕から出て答えますが、ワキの「宣旨にて候」の言葉に下がって下居、両手をついて宣旨を承ります。

ワキは、小督の局は嵯峨野の片折戸のある家に住まいすると告げ、シテは今宵は八月十五夜、小督の局は琴を弾くに違いないので、琴の音を頼りにしようと答えます。
さらにワキは「この由奏聞申しければ」と舞台に戻り、常座で両手をついて高倉院に報告する形。何事か賜った風を見せて「寮のお馬を給はるなり」とシテに向って、左手を挙げて拝し、馬を給わったことを伝えます。

シテは「時の面目畏つて」と謡い出し、地謡の「やがて出るや秋の夜の・・・」と立ち上がります。ワキは地謡前に着座しますが、シテは「月毛の駒よ心して」と三ノ松で馬を給わった形から「急ぐ心の行方かな」と急ぐ心を示してそのまま中入りとなります。
観世流では一度シテが舞台に入り、常座で正面を見据えてから中入りしますが、金春はほとんど幕前あたりに居たままの形ですね。

中入りすると後見が片折戸の作り物を正中のあたりに斜めに据え、左右に柴垣を広げます。
この並べ方は各流それぞれのようですし、作り物を出さない演出もあるようです。また観世流では恐之舞の小書がつくと常とは違った置き方となりますが、今回はまず後見が本幕から片折戸を、切戸口から柴垣を出し、片折戸をほぼ大小前に、戸を内側(ワキ座側)に開いた形に置きました。柴垣は五枚、片折戸から笛座側にかけて二枚、片折戸から目付柱側にかけて三枚を並べた形です。
稚拙ですが、イメージ図を載せておきます。(クリックすると拡大します)

小督


このつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/731-14a0b094

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。