FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

呼声 山本東次郎(第48回式能)

大藏流 国立能楽堂 2008.2.17
 シテ 山本東次郎
  アド 山本則俊 山本則重

呼声もポピュラーな狂言で、能の会ではこれももう年に一度や二度は必ずといっていいくらい、上演される曲です。が、どういう巡り合わせか、このブログでは鑑賞記を書いていないので、今回は少し丁寧に書いてみたいと思います。

なんと言っても東次郎さんの呼声ですし、楽しみにしていた曲であります。ですが、面白い曲と思うのに和泉流では長く番外曲としていたようで、復曲はされたようなのですが、私は大藏のものしか見たことがありません。

さて登場してくるのはアドの主人。実はシテの太郎冠者が暇も乞わずにどこかへ出掛けてしまい、昨夜戻ったと聞いて、次郎冠者を呼んで確かめます。
しかし詳しい事情は知らぬようなので、連れだって太郎冠者の家に出掛けます。

次郎冠者が扇をかざし「物申」と案内を乞うと、狂言座に控えていた太郎冠者は一ノ松に出て、扇をかざして「太郎冠者殿は留守でござる」と言います。
次に主人が同じように扇をかざして作り声をし、案内を乞うと、太郎冠者も作り声をして「太郎冠者殿は留守だ」という始末。

主人と次郎冠者は、太郎冠者が作り声で留守を使いおったと話合い、相談の結果、平家節で案内を乞うことにします。
このつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/734-8e7e41af

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。