FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

嵐山さらにつづき

アイが退場すると、後ツレ、子守明神と勝手明神の登場になります。
下り端の囃子での登場で、登場した二人は、囃子のうちに橋掛りで左袖を返して左右打込と型を見せます。「三吉野の、三吉野の、千本の花の種植えて」と渡り拍子の地謡で、先に出た勝手が一ノ松、子守が三ノ松で所作を見せます。

昨年の鑑賞記に書きましたが、宝生流では木守(観世同様コモリと読みますが字が違いますね)は女神、勝手が男神です。一方、観世流では子守が男神で勝手が女神。
二人は地謡の「いろいろの」で舞台へ進みます。子守明神は浅葱の単狩衣に白大口の清々しい装束。黒垂に風折烏帽子をつけています。勝手明神は紫の長絹に緋の大口で天冠を戴いた形。二人とも手には桜の枝を持っています。

ツレ二人の謡い「青根が峯ここに」で向かい合い、地謡に合わせて二人の舞。「万代と囃せ囃せ神遊び」と足拍子を踏んで、後見に桜の枝を渡し、扇に持ち替えて中ノ舞の相舞になります。

男女の神なので、相舞とはいえ少しだけ型が違います。これがなかなか趣あるところ。
あらためて興味深く見ていると、ツレお二人とも良い舞姿ではあるのですが、女神勝手明神の舞がことさら素晴らしく感じられたところ。
・・・坂口貴信さん、お若い方のようですが将来が楽しみです。ちょっと調べてみると、今年一月の観世会で岩船のシテをなされた様子。ああ、これは拝見したかったなあと思う次第。機会あればシテで舞う姿を拝見したいと思っております。

さて中ノ舞を舞い上げた二人は大小前からワキ座へ進み、ワキ座から正中へ進んで幕に向かって雲扇をし、シテの登場を待ちます。
囃子が早笛を奏し、後シテ蔵王権現の登場。この曲、シテの舞事は無くて、謡に合わせて舞うだけですが、前シテから感じられた通りの力強い演技で、良い気分の観能となりました。
・・・地謡がまた良かったのですが、後列手前が関根祥人さんで、力を入れて謡う姿が印象的でした。
(84分:当日の上演時間を記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/738-2c518907

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。