能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

頼政さらにつづき

シテは「今は何をかつつむべき、これは源三位頼政」と謡いつつ大小前から常座へ向き小廻りしてワキへ向かってサシヒラキ。大小前から、地謡の「よしなき御謀反を」で正中の床几にかかります。

ここからは床几にかかったまま長大な語りへと続いていく見せ場。
地謡の「共に白旗を靡かしてよする敵を待ち居たり」と左右を見てユウケンし、「さる程に」とシテの語りになります。このあたりの型も、観世・金春と見比べるとなかなかに面白いのですが、詳細はいつか機会があればということで・・・。
地謡の「くつばみを揃へ河水に」からは床几にかかったまま足拍子を踏んで、型にさらに力が入った感じになります。

「弱き馬をば下手に立てて」と左袖を返して左へ流し、「強き水を防がせよ」と右へ向き、手を打ち合わせて足拍子をまた踏んで、と見せ所が続きます。
「我ながら踏みもためず」で立ち上がり、太刀を持って「ここを最期と戦うたり」とワキ座へ向けて太刀を撃つ形。

戦う姿を見せますが、直ぐに「頼政が頼みつる「兄弟の者も討たれければ・・・となり、地謡の「これまでと思ひて」で太刀を捨て、扇を手にして「鎧脱ぎ捨て」と目付に安座。「身のなる果てぞあはれなりけり」とやや面を伏せてから、「跡弔ひ給へ御僧よ」と中腰に左袖返してワキを見、立って地謡前での抱え扇から、常座に進んで下居、立ち上がって留の拍子を踏みました。

老将の最期ですが、力の入った一番でした。
附け祝言は「千秋の秋津州、治まる国ゾ久しき、治まる国ゾ久しき」と淡路の一節。あまり耳にしませんが、嵐山も出ていたし、千秋楽でもないということでしょうか。

実はこの日、インフルエンザを引き込んだようで、この観能の後三日ほど寝込んだ話は前にちょっと書いた通りです。
(76分:当日の上演時間を記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/743-577d274b

【ヒラキ】の口コミ情報を探しているなら

ヒラキ に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad