FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

実盛さらにさらにつづき

後シテは法被、半切に白垂の老鎧武者姿です。出端の太鼓の刻むリズムが異界からの到来を知らせます。
まずは一ノ松でのシテの謡。前場同様に余分な力が抜けて、死を覚悟して戦いに向かいながらも、何か悲壮感を超越した老武者なりの境地が感じられるような気がします。
念仏の功徳を讃えてシテは常座からワキに向かって合掌します。

ワキは「不思議やな白みあひたる池の面に、幽に浮み寄る者を、見ればありつる翁なるが・・・」とシテの姿を認めて声をかける様子。シテがこれに応えての謡、と掛け合いになります。
鬢髭白き老武者ですが、その出で立ちは華やかに粧っています。

クリの謡から場面が展開し、シテは大小前に進んで床几にかかり、シテの長大な慚愧懺悔の物語となっていきます。
大方の場合、こうした修羅物でのシテの物語は、語に集約するか、あるいはクリ・サシ・クセと展開するか、いずれかの形でしょうけれども、この曲では語があり、これに上歌が続いた後にクセ、さらにロンギから中ノリの最終部へと続いていきます。

最初に書いたとおり、申楽談義に世阿弥のこの曲への言及がありますが、一つの篠原合戦の話を、語と、ロンギ、中ノリの部分の二つにわけ、さらにその間に「また実盛が錦の直垂を着ること」と錦の直垂にまつわる話をクセで書き入れた構成について、自賛しています。

その語、下居したまま語る演出もありますが、今回は語りの最後で「洗わせて御覧候へと、申しもあへず首を持ち」で扇を開いて両手ですくい上げる型から立ち上がるまで、じっと床几に腰を下ろしたままで語りが続きました。

正先へ出て下居し左の袖を巻いて、扇で水を掬い手に持った首に水をかけるような所作を見せ、立ち上がって大小前で手を合わせ、クセへと入っていきます。
クセは舞グセで、基本的に曲舞の型をなぞりますが、最後は「名は末代に有明の、月の夜すがら懺悔物語申さん」と大小前で抱え扇、月を見る風情。

さらにロンギで手塚の太郎と組んだ実盛の最後を見せ、「影も形も南無阿弥陀仏」とワキに合掌し、「跡弔いてたび給へ」と留になりました。独特の構成の曲ですが、なかなかに味わいのある一曲です。
(98分:当日の上演時間を記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/757-e1f405a4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。