FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

野守 工藤寛(東京金剛会例会能)

金剛流 国立能楽堂 2006.5.20
 シテ 工藤寛、ワキ 大日向寛
  アイ 山本則重
   大鼓 亀井実、小鼓 古賀裕己
   太鼓 桜井均、笛 内潟慶三



野守は世阿弥の作で五流にありますが、切能らしい豪快さを持った曲で、キリの部分の仕舞も良く演じられます。
工藤さんは午前中の普及能で解説をされていましたが、この野守はなかなか見応えがありました。この秋にご自分の会で望月を演じられるらしいので、是非観に行こうという気になっています。



お調べが済んで囃子方が舞台に出、地謡も揃うと大小前に塚が運び出されます。が、地謡が一人足りません。アレ?と思ったら、実はこの直前に地頭の宇高通成さんが仕舞で出ておられて、着替え中だった様子。途中からの出になりました。
以前にも何かの会で地謡が四人しか出ていなくてビックリしたことがありますが、仕舞に出ていた後列四人が途中から出てきて一安心でした。



それにつけても宇高さんの地頭、これは良かった。
直前に仕舞を観ているので声も耳に馴染んでいて、地頭の宇高さんが地謡をぐいぐいリードしているのが良くわかりました。
前の曲、采女では松野恭憲さんが地頭でしたが、こちらも地謡が良い感じで、二番とも能にとっていかに地謡が重要かを再認識した感じです。



さて、作り物が運び出されるとワキの出になるのですが、ワキは羽黒山の山伏。実は私、ひそかに大日向さんのファンなのですが、山伏という設定のせいか、いつもより謡も力強い感じでした。山伏のワキというのはあまり多くありませんが、なかなか良いものですね。この後はシテの出になりますが、この続きはまた明日・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/76-b45512c0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。