FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤栄 高橋亘(宝生会月並能)

宝生流 宝生能楽堂 2008.4.13
 シテ 高橋亘、子方 高橋希、鳴尾 澤田宏司
  立衆 藪克徳 辰巳大二郎 金森隆晋
  ワキ 野口敦弘、アイ 三宅右矩 三宅近成
   大鼓 大倉正之助、小鼓 幸信吾
   太鼓 大江照夫、笛 一噌幸弘

水戸黄門漫遊記がおそらくは講談師によって作られた幕末以降、身分を隠して諸国を回り世直しをする黄門像がもてはやされ、今に至ってもテレビシリーズが放映中という、根強い人気を誇っています。地元としては有り難い話であります。

ですが、この身分を隠して諸国を回るというのは、実は最明寺入道、北条時頼の廻国伝説の方が古い話で、こちらの方が本家本元というところでしょうか。
実際の時頼が諸国を巡ったのかどうかは、水戸黄門同様に怪しいところですが、名君が民情視察に回り世直しをするというテーマは、よほど日本人のメンタリティーに合っているのでしょうね。

時頼の廻国伝説といえば、能ではまず鉢木を上げるべきでしょうし、こちらでは時頼と常世の関わり、後の所領安堵の話に焦点が当たっています。一方、この藤栄も時頼が登場して事件を解決しますが、能としてのスポットはシテ藤栄の舞尽しにあるようで、自然居士にも通じるところがありそうです。ただしこの曲、観世にはありませんで、私としてはあまり馴染みのない曲。また金春、喜多の二流では藤永と書くようです。

今回は高橋亘さんとご子息希クンの共演ということで、当日のブログにも書いた通り、楽しみにしていた舞台です。
その希クンの演じる子方、月若と、ワキツレ野口能弘さんの家人が出し置きの形で登場してきます。
二人が地謡前に着座すると次第の囃子が奏されます。
さてその後の展開は明日につづきます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/765-9932941b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。