FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤栄のつづき

次第の囃子で登場してくるのは笠を被ったワキ最明寺時頼。

この日は大鼓が素手打ちの大倉正之助さん。今まであまり気に留めていなかったのですが、素手打ちだと常の大鼓らしいカーンという金属的な音が、いささか柔らかい感じになりますよね。これが不思議に趣があるんです。
もちろん、あの大鼓独特の音自体に意味があるとは思うのですが、これはこれで常の次第がなんだかしっとりとした印象になった感じです。

さてワキの野口敦弘さん、登場して常座で型通り次第を謡い、諸国一見の修行者と名乗ります。
宝生の本ではワキの次第は「行方定めぬ道なれば、こし方も何処ならまし」と謡い、諸国一見の僧と名乗るのだと思うのですが、野口さんは「夢の世までも驚きて、つつむや現なるらん」といった(聞き間違っているかもしれませんが)詞章を謡っていたようです。
その後、笠を外して西国行脚に出掛けようと思うと述べ、再び笠を被りますが、宝生の本にあるサシ、下歌、上歌と続く一連の謡ではなく「夕べ夕べの旅枕」で始まる道行を謡って芦屋の里に着き、着きゼリフとなりました。
これはどうも金春流の謡本と似ているようで(金春の次第は「夢の世なれば驚きて」と始まります)、やはりワキ宝生が下掛りの流れを組んでいるからということなのでしょうね。興味深いところです。

芦屋の里にやって来たワキは、一夜の宿を借りようと目付に出て塩屋の内に声をかけます。
先に舞台に出ていた子方とワキツレが塩屋の主という設定ですが、このワキの問いかけにワキツレの家人は立ち上がり、余りに見苦しい塩屋なので宿は貸せないと型通り断ります。しかしワキの再度の求めに宿を貸すことになり、地謡のうちにワキはワキ座に着座し、ワキツレは大小前から常座、正中と進んで下居します。

さてこのつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/766-2bc7837d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。