FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤栄さらにさらにつづき

下り端の囃子でツレ鳴尾とツレの従者、さらにオモアイ能力が登場してきます。
鳴尾はシテと同装の直垂、白大口姿。従者は素袍上下を右肩脱いで、笹を肩にした形です。
「川岸の 根白の柳 あらはれにけりやそよの」と小歌になりますが、最初の一句「川岸の」をツレの鳴尾が謡い、あとは地謡とシテの掛け合い。シテの舞はありませんが、面白く聞かせるところです。

シテは扇を広げて立ち上がり、舞台に入って常座に進んだ鳴尾と向かい合います。さらに立ち位置を入れ替わって、シテが大小前に、鳴尾が地謡前に向かい、この間に従者は切戸口から退場します。
鳴尾はシテに酒を勧め、能力に一曲かなで候へと舞を舞わせます。
小舞を舞ったアイがシテにも舞を勧め「さあらば一さし舞うずるにて候」とシテの男舞になります。

シテの高橋亘さん、これまでも何度かシテで拝見していますが、なかなか見応えのある舞をなさいます。この日の男舞もスッキリした舞でした。
笛が一噌幸弘さん。ああ幸弘さんらしい、と思える独特の差し指で男舞がより緊張感を増したように思います。

さらにシテのサシ「ここにまた蚩尤といへる逆臣あり」から「船の曲舞」となって行きます。いわゆる舞クセですが、謡をふまえた所作が組み入れられなかなか面白い。

このクセの後半、シテの上端の後でツレ鳴尾は切戸口から退場し、ワキが笠を被って扇で顔を隠しながらワキ座へ出てきます。場面が少しずつ緊張を高めてきます。

さてさらにもう一日、このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/768-38c0eefb

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。