FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

野守・・・つづき

さてシテの登場ですが、前シテは尉。杖をついての登場ですが、あまり老体を意識しすぎず、妖しい力強さを隠した感じ。一声も重くなりすぎず、工藤さん、なかなかの美声でお上手。



ワキは出羽の国羽黒山の山伏で、葛城山に登ろうと春日野のあたりまでやって来たところ。一方シテは春日野の野守の翁です。
なにやら水を張ったところがあり、ワキが謂われを尋ねると、この水は野守の鏡というのだとシテが語ります。さらに「野守が朝夕影を映すので野守の鏡と呼ばれているが、真の野守の鏡とは鬼神の持つ鏡を言うのだ」とも語ります。



この野守の鏡を巡って、さらに古の鷹狩りの折の奇譚が語られるのですが、このあたりの運びも重すぎずほどよい感じ。シテは塚の内に姿を消した、ということで作り物に中入りの形になります。
作り物の中で装束を替えるわけですが、後見の松野さんが大柄なこともあり、なかなか大変なご様子で、引廻しがあっちへ膨らんだりこっちへ膨らんだりでした。
アイの語りが終わった時点では、まだ頭がつけ終わっていない様子。アイとワキの問答、さらにノットからワキの謡になってようやく準備ができた感じでした。



まず塚の中からシテの謡が聞こえ、やがて塚の後側からシテが回り出てきます。後シテは鬼神ですが手には鏡を現す小道具、なかなか迫力があります。
この後は仕舞でも良く演じられるところですが、舞働も小気味よく、面白く拝見しました。最後は両袖を巻き上げた形から飛び安座。派手な型ですが綺麗にきまりました。



附祝言は「月の都に・・・」と始まり、一瞬「あれ?」と思いましたが、融ですね。附祝言に融は珍しいかなあ・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/77-60304bc9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。