FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

狐塚 三宅右近(宝生会月並能)

和泉流 宝生能楽堂 2008.4.13
 シテ 三宅右近
  アド 三宅近成 前田晃一

狐塚の田を鳥が荒らすというので、鳥を追いに遣わされた太郎冠者が、後ほど見回りに来た次郎冠者と主人を狐と思い込んでしまうというのがテーマ。
この曲、大藏、和泉両流にありますが、若干の違いがあって、今回の和泉流では太郎冠者一人が田に遣わされますが、大藏流では太郎冠者、次郎冠者二人が鳥追いに出掛けて二人して主人を狐と思い込む形です。

さて舞台はまずアド主人の近成さんが登場し、常座で名乗るところから始まります。
ことのほかの豊作に目出度いことと喜びますが、それにつけても狐塚の田を鳥が荒らすのが気がかりなので、太郎冠者を遣わそうと呼び出します。

呼び出された太郎冠者の右近さん「狐塚には狐がだいぶん居て、人をばかすと」というので、行きたくないと断ります。しかし主人は「それは処の名でこそあれ、何も狐は居ぬ」ので行ってくれと重ねて命じ、太郎冠者は渋々出掛けることになります。

主人から鳴子を渡された太郎冠者、舞台を一巡りして狐塚の田にやってきます。
ワキ柱に鳴子の縄を結び、鳥を追いながら時を過ごしますが、やがて日が暮れてきます。「はあこれはいこう暗うなったが、もはや日が暮るるかしらぬ。しきりに暗うなった。あれあれ、ほ、ほ、ほ南無三宝、こりゃ日がずんぶりと暮れた」と見る間に暗くなってきた様子が、狂言らしい言葉使いで表現されます。

暗くなった中で、いよいよ狐がばかしに来るかと身構えている太郎冠者のもとを、次郎冠者が見舞いにやってきます。
このつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/770-ffbe2197

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。