FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

春日龍神 宝生和英(宝生会月並能)

宝生流 宝生能楽堂 2008.4.13
 シテ 宝生和英
  ワキ 宝生欣哉、アイ 高澤祐介
   大鼓 亀井広忠、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 金春國直、笛 寺井宏明

春日龍神は各流とも割と上演の多い曲です。昨年は金剛流の龍神揃を拝見しましたが、東京では金剛の龍神揃を観る機会はまず無いと言っても良いところです。
宝生流にも龍神揃と同様に、後場にシテのほか多くの龍女や龍神が登場する小書がありますが、今回は小書無しですのでシンプルな形です。

そういえばこのブログでは昨年の金剛流龍神揃のほか、金春流の山井綱雄さんシテの鑑賞記も書いていますが、上掛りはありませんね。というわけで、そのあたりの違いを含めて書いてみようと思います。

まず型通り次第でワキの明恵上人がワキツレの従僧を従えて登場し、正先で向き合って次第を謡い、入唐渡天の暇乞いのために春日明神へ参詣すると述べて道行、栂尾から春日の里に着いたと謡って、ワキ座に着座します。
ワキは宝生欣哉さん、ワキツレは梅村昌功さんと則久英志さん。個人的には好きなワキ方の皆さんです。

すると一声で深緑の狩衣を肩上げにし、白大口に翁烏帽子をつけて右手に萩箒を持ったシテの老宮守が登場して、常座で一セイ「晴れたる空に向へば、和光の光あらたなり」と謡い、サシ、下歌、上歌と春日大社の様子を讃えます。
和英さんのシテを拝見するのは二度目だったと思いますが、お若いのに前シテ老人としての、運びも謡いも安定感があります。だいぶん精進されておられるような。
さてこのつづきはまた明日に
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/775-2665d079

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。