FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

金札さらにつづき

シテはワキに金札にある「伏見とは何だと思うか」と問い、ワキは「(伏見とは)この御社の事なるべし」と答えますが、シテは「あら愚や伏見とは、総じて日本の名なり」と述べ、伊奘諾伊奘册が天の磐座に臥して見いだした国だから伏見なのだと言って立ち上がり、ワキに寄って手から金札を取りあげ「かき消すやうに失せけるが」と一ノ松へ向かい、「しばし虚空に声ありて」の地謡に続いて正を向き「これは伊勢大神宮の御つかはしめ天津太玉の神なり」と名のって、地謡のうちに舞台に戻り、来序で宮の作り物に中入りします。

シテが中入りすると直ぐに幕が開き、狂言来序で末社の神が登場して常座での立ちシャベリ。さらに舞台目付に出て「さてかの客人は」とワキの臣下を探します。
ワキを認めて一度常座に戻ってから、再び目付に出て下居し、金札が降り下がったこととあらたな社殿の造営を告げ、さらに三段之舞。
先日の月並に続いて今回も狂言が右近さんのご一家。高澤祐介さんのアイが続いていまして、これはちょっと嬉しい。高澤さん舞には余裕が感じられます。

さて出端が奏されて、シテが作り物の中から「守るべし、我が国なれば皇の万代いつと限らまし」と謡い出します。さらに地謡の「扉も金の御札の神体光もあらたに見え給ふ」で引廻しが下ろされ、天神の面をつけ法被半切りのきらびやかな後シテが、床几にかかった姿を現します。

シテは「悪魔降伏の真如のつき弓」で立って作り物から出、拍子を踏んで正先へ出てから「悪魔を射払い清をなすも」と常座と正中の中間あたりの位置で矢をつがえ、一ノ松の方に向けて矢を射放ちます。舞台上で実際に矢を射るというのは他の曲では見かけない型と思います。しかも結構、矢が飛んだのでビックリ。

続く舞働から、さらに「弓をはづし剣を収め」の地謡に合わせて角に下居して弓の弦を外した型、雲扇して宮を見上げ、「玉簾のゆるがぬ御代とぞなりにける」と目出度く留拍子を踏みました。
(60分:当日の上演時間を記しておきます)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/781-5e9bd2ac

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。