FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

ブログを書くということ・・・Li Zhitianさんのコメントから

昨晩は出張帰りに国立能楽堂の定例公演を観てきました。茂山忠三郎さんのシテで子盗人と、観世流岡久広さんのシテで碇潜(イカリカヅキ)の二曲です。案外、というと失礼ですが、面白い二曲でした。
このところ仕事に追われていて、朝も早出を続けていたのですが、ようやく一区切りついてきたところで、ホッとした観能になりました。ただ、なにぶん田舎住まいなので帰ってくるのが大変で、昨晩のブログ更新は断念しました。
この定例公演の話は、またいずれ・・・

さて今週は、Li Zhitianさんという方からいくつかの記事にコメントをいただきました。金春安明さんのお近くにお出での方の様子で、プロないし、かなり深くお稽古をされておられるような感じです。(私、ある想像をしておりまして・・・フッフッフ)
今回いただいたコメントはなかなか興味深いものでもあり、一部には私なりの再コメントもつけています。しかし同時に、私としては今回のコメントをきっかけとして二、三考えるところがありました。

一つはこのブログの記載方法の情報です。
熊野の鑑賞記でのコメントと再コメントにまつわる話で、まずはそちらをご覧いただけると幸いです(リンク)。漱石の記述を巡る話自体は面白い話題なのですが、どうもLi Zhitianさんのコメントを読んでいると、私のブログの記事が「原文を確認せずに書かれたもの」という前提で話を進めておられるように読めます。

別にLi Zhitianさんがそう解釈されること自体は、読み方の問題ですからかまわないのですが、「たかがブログ、されどブログ」私も「書かれています」と記事に書く以上は、原文にあたらず適当に書いているわけでもありません。
ほんの一行「○○には××とありますが」という文を書きたいがために、数日かけて図書館で書物を漁るようなこともあります。

そんな訳で、私がこのブログを書く際に、一応ルールとしているものを、あらためて凡例という形でアップしました。
鑑賞記など参照される際に、ご留意いただけると幸いです。

もう一つは記載内容の問題です。
凡例にも書いたように、もともとこのブログの鑑賞記は、どちらかと言えば初心者に近い方が、能を観る際に事前の情報として読んでおかれると便利なもの、程度のレベルを想定して書いていました。
しかし今回のコメントを読んでいると、どうもいささか専門的な書き方になってしまっているかなあ、という反省を感じたところです。

とは言え、鑑賞記を書いているもう一つの目的は、自分自身が後々に「あの時の能はどんな風だったのか」を思い出せるように、ということにありますので、型や囃子の細かいことなど、必ずしも初心者向きでないことも記載してしまっています。

このあたりはいささか反省していますが、どこまでで線を引くか、これまた難しいところです。そんなわけで、「どちらかというと初心者向き」という部分では、出演者やどこの舞台かといった基本的な情報と、ストーリーや主な場面の展開、所要時間などを最低限おさえ、それ以外の部分は私の興味のあるものを記載するという、まあこれまでのやり方を続けていくつもりでおります。

そんなわけで、例えば能の作者など、実はあまり私の興味の深くないところについては、特にこの曲は誰の作と書いておくと話が面白く展開できるといったものでない限り、記載しない、あるいは「○○が作った能だとか」程度の書き方で済ませています。
いずれにしても勤め人の趣味の範疇ですので、あまり多くの手間をかけるわけにもいかず、先に書いた「数日かけて図書館で」といったことは出来るだけしなくて済むような範囲で文章を書く(そうなってしまうようなものは出来るだけ書かない)ようにしています。

そうした意味で、書かれていないことで、こんなことを知っていると面白い、といったお話があれば、コメントいただけるのは有り難いです。

・・・ところで、なぜ作者にあまり興味がないのか、については、いずれ機会があれば記してみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

凡例など、以前から拝見し、とても丁寧なブログだと以前から思っております。五流の差についても神経をお使いになっていらっしゃること、頭が下がります。今後とも御活躍をお祈り致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/785-c684b9e1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。