FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

加茂物狂 東川光夫(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2008.4.19
 シテ 東川光夫
  ワキ 宝生欣哉
   大鼓 高野彰、小鼓 森澤勇司
   笛 寺井義明

昨日は諸般の事情で帰ってきたのが夜12時近く。というわけで、一日あいて、五雲会の鑑賞記を続けます。

この曲、宝生、金剛、喜多の三流にしか無いのであまりお目にかかる機会がありませんが、夫に離れて物狂いになった女が加茂の葵祭で夫と再会するという、狂女物としては珍しい形の曲。
宝生流は加茂、賀茂の書き分けと同様に加茂物狂と表記しますが、金剛、喜多の両流では賀茂物狂ですね。しかも宝生流は一場物として演じますが、喜多流では前後二場の現在能になっています。・・・金剛流は確認できなかったのでどちらの形かわかりませんが、おそらくは喜多と同じではないかと想像しています。

前後ある喜多の形では、まずワキツレ賀茂の神職が登場してきます。
神職は賀茂の社に常々参詣する女が居り、信心の厚い様子で御手洗川の水面に何かを書いて深く祈っている話を述べます。
さらに、当社では水面に書いて祈る事が験確かであり、そのおかげか、女に短冊を渡すようにとの霊夢を見た。神から短冊を預かったので、女に渡そうと思っていると述べて女を待ちかまえます。

アシライ出で前シテ女が登場し、神職が短冊を渡そうとしますが、女は人違いだろうといったんは断ります。しかし神職が重ねて言葉を尽くして短冊を渡します。
シテ、ワキツレのやり取りの後、思わしい神慮では無かった女は、願かけた人を待とうと社殿を出て行った、と中入りになります。

どうも、あってもなくても、さほど重要な前場とも思われないので、一場物として省略してしまった宝生流の形は納得できるところ。喜多流でも前場を省略して演じることがあるようですが・・・
曲の実際は明日から書きたいと思います
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/788-d73b95cc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。