FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

加茂物狂さらにつづき

ワキの勧めに、シテ「風折烏帽子かりに着て ワキ「手向けの舞を シテ「舞ふとかや と掛け合いで謡い、地の次第「またぬぎかへて夏衣、またぬぎかへて夏衣、花の袖をや返すらん」と謡が展開します。

地の次第の二句目でサシ込からヒラキと型があり、地取りで後見座にクツロイで物着。
物着アシライのうちに、水衣を取り、紫の長絹に烏帽子を着けた姿になります。

物着を終えるとシテは立ち上がり、常座に進んで「山藍に摺れる衣の色添へて」と拍不合の謡。地謡が受けてイロヱになります。

イロヱを舞い上げるとシテのサシ「実にや往昔に祈りし事は忘れじを」からクセに謡が繋がり、東路に下ったままの夫を想う様が謡い舞いで表されます。

クセは舞グセ。基本的に曲舞の型をなぞりますが、「鄙の長路におちぶれて、尋ぬるかひも泣く泣く」と正中から三、四足出てさらに角へ面を左右に見廻すように進み出たり、また「心岡部の宿とかや、蔦の細道分け過ぎて」と正先からタラタラと大小前に下がり、雲扇で蔦を分けつつ進む姿を示す型など、謡を踏まえた型付けがされています、

さらにクセを舞い上げると中ノ舞へと続いていきます。

狂女物の多くは、ここでワキが素性を明かし再会となって目出度し目出度しの形でしょうけれども、この曲では中ノ舞の後は、二人とも下居してシテと地謡の掛け合となり、夫婦がそれぞれ相手を認め気付いたものの、人目をはばかり名乗らぬままに、家路に向かったと謡の中で結末が示される珍しい形になっています。

地謡の「それかあらぬかの」でシテ、ワキ二人が立ち上がり、「神の誓を仰ぎつつ」とワキが正面に合掌、ワキとシテが行き違う形でワキは橋掛りへと進み、シテが常座で留拍子を踏みました。
(74分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/790-7ab41cde

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。