FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

夜討曽我さらにさらにつづき

早鼓でシテ、ツレが幕にはいるとテンポが変わり、代わってアイが登場し立ちシャベリ。曽我兄弟が敵を討った子細を語ります。

実は、私は見たことがないのですが、大藏流の間狂言は、まずオモアイ吉備津の宮の神主大藤内が女物の小袖をまとい、右手に女帯、左手に尺八を持って登場。さらにこれを追い掛けてアドアイ狩り場の男が登場する形なんだそうです。
アドアイの問いに、オモアイは工藤祐経が曽我兄弟に斬られた場からあわてて逃げてきたことを語ります。刀のつもりでつかんできたのは尺八だったという始末。大藤内は男に不安なので同道してくれと頼みますが断られてしまい、アドアイの後から追い掛ける形で退場します。

和泉流では大藤内の小書がついた時のみこの形になり、常は今回のように男が一人で登場し子細を語るか、あるいは男が二人登場して、二人の会話で子細を伝えるか、いずれかの形です。

さて後場はまず一声でツレの古屋五郎、御所の五郎丸と郎等二人が登場し、橋掛りで一セイを謡い出して舞台に入り、ワキ座から地謡前にかけて立ち並びます。

早笛が奏されて後シテ五郎が抜いた太刀を右手に持ち、左手で松明を振りながら走り出ます。一ノ松で「あらおびただしの軍兵やな」と謡い、振り返って幕に「十郎殿」と呼び掛けますが、返事がないことに十郎が討たれたことを悟り、無念の様を見せます。

地の謡「味方の勢はこれを見て」以下で、松明を捨てて舞台に入ったシテは、古屋達と戦います。「何とか切りけん古屋五郎は二つになつてぞ見えたりける」と古屋は五郎に斬られ、飛び安座で斬られた姿を表した後(仏倒れの場合もあります)切戸口より退場します。

シテは後見座にクツロイで烏帽子と上着を脱ぎ鉢巻を締め、一方「かかりける処に御所の五郎丸」と五郎丸が地謡前で太刀を置き、水衣を被いて笛座前に下居。シテが一ノ松へ行って立廻となります。

シテは舞台を回りますが、五郎丸を女と思いそのまま行き過ぎます。五郎丸は水衣を捨てて後からシテに組み付き、郎等が走り寄ってシテの両手を捕らえて幕に連れ去り、五郎丸が留拍子を踏んで終曲となります。
憲正さんの後場の動きは実にシャープで、これまた楽しめました。
(57分:当日の上演時間を記しておきます)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/796-dd10c85e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。