FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通盛さらにつづき

ワキの待謡、方便品を読誦すると謡いシテの出を待ちます。
出端の囃子で、ツレの小宰相の局と後シテ通盛が登場してきます。
観世流の装束附けでは、シテの装束は単法被が基本で「長絹にも」となっていますが、今回はこの長絹のほうで、少しくすんだ薄い青の長絹と浅葱の大口の組み合わせがとても綺麗です。

なんと言ってもこの能、通盛と小宰相の情愛を描くことに主眼が置かれていて、いわゆる修羅物の印象とは随分違う曲。こうした趣旨から考えると長絹をとるのが良さそうに思えます。
もっとも、謡では武装であることが強調されていて、これを尊重すれば単法被が良いということになりますね。

シテはワキの読経に合わせて自らも経文を唱え合掌します。
ワキが二人に「如何なる人」かと問いかけると、ツレが小宰相の局の幽霊であると名乗ってワキ座に進み着座します。

ワキは今一人の「甲冑を帯し兵具いみじく見え給ふ」人に問いかけると、シテが越前の三位通盛と名乗ります。

続くサシ、クセで、一ノ谷の戦いを前に通盛が小宰相と別れを惜しんださまが歌われます。いったん床几にかかってサシからの謡を地謡と進めたシテが、「忍んで我が陣に帰り」と床几を下りてツレに向かい合い、クセになります。クセの前半は二人向き合っての別れを惜しむさまを、謡と所作で示します。

さらに後半では、弟である能登の守の呼ぶ声に、後ろ髪を引かれつつも出陣したと謡い、カケリになります。

さらに木村の源五重章に討たれたさまを舞語りしますが、キリで謡の調子が変わり、法華経読誦の功徳にて成仏した、と留めになりました。
シテの、公達らしい優雅な姿も良い雰囲気でしたが、薄紫の大口に唐織を壺折に着けた小宰相の局の凛とした姿が大変印象的でした。
(83分:当日の上演時間を記しておきます)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/799-d067f9e5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。