FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

碇潜さらにつづき

ちょっと間が空きましたが、碇潜のつづきです・・・
ワキの求めで、シテの語になります。シテは棹を後見に渡し、背から扇を出して床几にかかり、壇ノ浦の合戦の様を語り出します。

能登の守教経が、小船に乗り大長刀を振り回して多くの兵を薙ぎ倒していると、新中納言知盛が使者を立て、無益の殺生をしないようにと伝えた。これを大将と組めということだと解した教経は源氏の船団に紛れ入り、九郎判官(義経)を捜したと語ります。

地謡が受け、教経は判官の船に乗り移り打ってかかったが、判官が適わないとみて見方の船に飛び移ったために、教経は仕方なく長刀投げ捨てた、と謡います。
この間、シテはほとんど動き無く、ほんの少し面を使う程度。

しかしその後、安芸の太郎、次郎という兄弟が押し寄せて能登の守との戦いになったと謡がつづき、シテはほんの少し手を上げたり、面を切ったりなどの動きを見せます。この小さな動きが、緊迫した戦の場面を十分表している感じ。

この兄弟を「左右の腕をさし出し、彼等をつかんで引き寄せて」と両手を出して引き寄せた形から立ち上がり、「左右の脇に挟んで波の底に沈みけり」と下居の形で海中に没したところを表します。
シテは閑かに「さてこそ人々の」と謡い、ゆっくり立って常座へと向かい、合掌して中入りになります。

シテが退場するとアイが常座に出て、この浦に住まいする者だが、波風あって漁に出られなかったところ、今宵は船を出そうと思う言って二、三足出て、ワキに気付いて問答となります。
アイは茂山良暢さん。忠三郎さんのご一家をアイで拝見するのは初めてですが、言い回しなど独特な感じで、歌舞伎にも通じるような感じを受けました。
「存ぜず候、さりながら」は、これまでアイで拝見した方ほとんどが、一つながりといって良いような言い回しをされていましたが、「存ぜず候」でちょっと切って、あらためて「さりながら」と続けた感じです。候も「ソオロ」ではなく「ソオロォ」と四音節で発音されていました。

アイが下がると、観世流の通常の形ではワキの待謡、早笛で後シテの登場となりますが、今回は小書のため、アイが狂言座に下がると幕が開いて、濃い緑の引廻しを懸けた大宮を乗せた船が出されてきました。
このつづきはもう一日、明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/811-dc331668

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。