FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

老松のつづき

ワキの一行が着座すると、真ノ一声の囃子が奏されて、ツレの若い男が出て、後から杉箒を担げたシテの老人が登場してきます。
私、若い頃に一噌流の笛を少しかじっていたのですが、恥ずかしながら笛の善し悪しというのがよく分かりません。できれば音がちゃんと鳴る方が良いなあという程度ですが、この真ノ一声の最後のところ、仙幸さんの笛はとても印象的でした。

この後、登場した二人が橋掛りで向き合い、シテが一セイを謡ってツレが二ノ句、二人同吟の後、歩ミアシライで舞台に入ります。この一セイからの笛のアシライも、なんとも言えない趣がありました。ツレの二の句のアシライは高く清々しい音。脇能に相応しいと感じたところです。

ツレが正中、シテが常座に立って向き合い、サシ、下歌、上歌と早春の景色を謡い「手折りやすると守る梅の」でシテとツレが入れ違い、「梅の花垣をかこはん」とシテが正中、ツレが目付へと出ます。

ワキが立ち上がって飛梅の所在を聞きます。しかしシテの返答は、この地では紅梅殿とあがめているというもの。そしてその所在はさておいて、傍らの松に注意を促します。

ワキは垣を結びしめ縄を引いた松を見てまことに神木と感じたと述べ、シテの謡から続く地謡「守る我さへに老が身の」で、ツレが地謡前へ、ワキがワキ座に着座し、シテは正中に下居して後見が肩上げを下ろします。

ワキが当社の謂われを詳しく物語るようシテに求め、続く謡からクセへと、道真が愛した紅梅殿と老松が末社と現じたことをはじめ、梅、松ともに唐土で尊重されて、梅は国に文学が盛んになると花の色、匂いを増すために好文木とも謂われること、秦の始皇帝の時に松が帝を雨から守ったことから大夫の爵を贈られたことなどが謡われます。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/814-bb6143a1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。