FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鸚鵡小町さらにさらにつづき

シテは下居したままでクリ、サシ、クセと謡が展開します。
まずは鸚鵡返しの由来が謡われ、さらに小町がかつて和歌の才に優れ、また美人の誉れ高かったものの、今は「憔悴と落ちぶれて身体疲瘁する」様が謡われ、シテは安座してモロシオリ。

クセは居グセですので、クリから、サシ、クセとシテはじっと座したまま動きませんが、どうもこの謡の前後でシテの印象が変わったような感じがしました。
登場してからの、老人ではあるものの、なんとなくしゃれた理屈っぽさが強い印象から、この謡の進行に合わせてぐっと老け込んでしまい、まさに「憔悴と落ちぶれて身体疲瘁する」様になった感じです。

ワキは、在原業平が玉津島で舞った法楽の舞をまねて舞うようにシテに求めます。
これを受けてシテの物着。「さらばまなふでお目に掛け候べし」と杖を取って立つのですが、立ち上がった時にふと少しばかりよろけたのは、演技なのか、ハプニングなのか判然とはしませんが、まさにその気分です。

物着では水衣を脱いで長絹に風折烏帽子を着けます。
シテの「和光の光玉津島」の謡から、地謡が「廻らす袖や波がへり」と受けて舞になります。

以前にも書きましたが、ここの舞は中ノ舞を序ノ舞の位で舞う形のようです。当日のパンフレットにも序ノ舞と書いてあるし、序ノ舞と解説された本も目にしますが、今まで観た鸚鵡小町は中ノ舞だったように思います。まあ中ノ舞でも序ノ舞でも、見ているほうとしてはどちらでも大差ないといえば、大差ないのですが・・・現行の観世の本では「舞」としか書いてありませんが、宝生の現行本では「中ノ舞」と記載されています。

途中、疲れ果てたという風情で二段のヲロシで下居。
舞に入ると、さらに老の疲れが募ってきた風で、ヨタヨタとした運びになりました。二段のヲロシも、ゆっくりタラタラと下がって、もう立っていることも難しいという感じ。

しばし休息の後再び舞い始め、舞上げた後は、歳月の移りゆく早さに昔を恋しいと小町が嘆く中、ワキが立ち上がってシテと入れ違い、はや日も暮れたて都へ帰ると橋掛りへ進みます。
シテは橋掛りへ向かうワキを追うように常座へ進んだ後、正へ向き直り二足下がってあらためて幕の方を見、追う気持ちだけを見せて二足出「柴の庵に帰りけり」と、拍子を踏まずに留になりました。(114分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/822-2c0a523b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。