FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

千鳥のつづき

やり取りが終わると主人は退場してしまい、太郎冠者が酒屋へ向かう場面となります。
太郎冠者が声をかけると喜んで出てきた主人、この間のうちのないないの通いの面がどうなったかと、待ちかまえていた様子です。

七五三さんの酒屋も、逸平さんの太郎冠者もちょっとしたところでの表現が豊かで、観客席も引き込まれている感じ。

太郎冠者は、今晩俄にお客が来ることになったのでいつもの良い酒を一樽、と所望しますが、当然のことながら、先の支払いが済まなければ酒はやれないと酒屋は断ります。
これに太郎冠者は「今日一度の代わりは持って参りました」と返し、それならばと酒屋が樽を持って正先へ置きます。

太郎冠者は早速その樽を持って帰ろうとしますが、主人が「代わりを置いていかんか」と太郎冠者を止め、やり取りに。
太郎冠者は「代わりとは?」ととぼけたりしますが、再度の求めに今出して進ぜましょうと袖のあたりを探る所作。「はて合点の行かぬ、はて面妖な」と探し出した様子に、酒屋も一緒にそのあたりを探す風。

太郎冠者はしばらく探した後に、主人から預かった際に棚の端へ置いてきたので、取ってくると言って、酒樽を持って帰ろうとします。
酒屋は当然、酒樽を置いていけと言い、また言い合いに。

酒屋は、金のある時は他の酒屋へ行き、無い時だけ自分のところへやって来ると文句を言います。酒を切らしてはいられないはずなのに、しばらく来なかったのがその証拠と言い張りますが、太郎冠者は、この間うちは主人ともども尾張の津島祭を見物に行っていたので、留守の間に酒を呑むはずがないと切り返します。

さてこの酒屋、珍しい話を聞くのが大好きという設定で、この津島祭の話も聞きたくて仕方ない様子。そこで、酒の話はさておいて、津島祭の様子を話して聞かせることになります。
ここからがこの曲の見せ所ということになりますが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/828-3090ef31

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。