FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶さらにつづき

送り笛でシテが姿を消すと、代わってアイが常座に出て間語りとなります。竹山さんのキチンとした語り、最後は笛がアシラって趣深く終えるとワキの待謡。
謡の終わりに太鼓が入って一声の囃子になります。なにやら気分が盛り上がってくる感じです。

後シテは白の多い紅入縫箔を腰巻に緋の長絹を着け、蝶の立て物のついた天冠を着けています。目の覚めるような鮮やかな色の長絹です。
常座に進んでサシ謡。高く引き立てた謡で可憐な蝶の精をイメージさせるところ。

「胡蝶の精魂現れたり」とワキを見ると、ワキは有明の月の光に蝶の姿が現れた様子を謡います。シテは「隔てぬ梅に飛び翔りて」と梅を見、つつっと二、三足詰めて両手を大きく開きましたが、現れ出でた蝶が大きく羽を広げた風。
長絹の赤が白梅の色に映え「ここは紅梅の作り物ではないな」と納得したところです。

地謡に合わせ、サシ込み開キから右へ回って常座へ。小さく回って正へサシて開キ答拝して中ノ舞になりました。
中ノ舞も所作が大きい感じで、蝶の飛ぶ様を表しているようです。左右の型では左手に袖を懸けて胸の高さに取った形。

中ノ舞を舞い上げるとさらに大ノリの地謡に合わせて、蝶が舞い遊ぶ様を表します。
「花折り残す枝を廻り」と、花立て台の前を回り、さらに雲扇で春の夜が明けたことを示して「霞に紛れて失せにけり」と留めました。

謡、舞、所作に細やかな心遣いが見られた一番だったように思います。
慈一さんの能は機会がなくてあまり観ていないのですが、能の解釈にキチンと向き合った演技に好感を持っています。観世喜之さんの胡蝶と比べると、やや時間も長めでした。
(81分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/836-3ba4fe34

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。