FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

江口さらにさらにつづき

船を下りたシテは正中へ進みますが、ツレの遊女二人は切戸口から退場してしまいます。ここはシテが正中で床几にかかり、ツレは地謡前に着座するものと思っておりましたが、金春らしい形なのでしょうか。
以前Li Zhitianさんから、熊野のツレが下掛りでは手紙を渡すとさっさと退場してしまうというコメントをいただきました。観世では花見までちゃんと着いていきますね。これも似たような話なのかもしれません。

さて地謡のクリ「夫れ十二因縁の流転は車の庭に廻るが如し」で六道輪廻の様へと謡が展開し、シテのサシ謡。続くクセは舞グセです。シテは床几にかからず立ったままサシを歌いう形です。
そして地謡の「面白や」で序ノ舞となります。

序ノ舞を舞い上げると、再び「面白や、実相無漏の大海に・・・」ワカになります。
実は、今回は金春流なので舞の後も「面白や」から繰り返しとなりますが、観世の謡本では、舞の後は「実相無漏の大海に」とシテのワカになり、「面白や」は繰り返されません。
しかし平調返(ヒョウジョウガエシ)の小書がつくと、金春流以外でも「面白や」が繰り返されることがあるんだそうです。
この平調返、この江口という曲にある様々な習い事を残らず演じるのだそうで、滅多に上演されません。昨年は浅見真州さんがなさっているのですが、残念ながら観る機会を持てませんでした。

ともかく舞の後、シテのワカから地謡との掛け合いとなり、最後は地謡の中に「すなはち普賢菩薩と現はれ・・・」と謡われて、シテは普賢菩薩となって西の空へ消えていきます。
橋掛りに進んで一ノ松で留拍子を踏んで終曲。里の女から、遊女の霊、そして普賢菩薩へと、シテが昇華していく見せどころでしょうね。
(105分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/846-9977545f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。