FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

恋重荷さらにつづき

シテが中入りするとアイが立ち上がって常座に進みます。
アイの立ちシャベリですが、荘司の死を悼み、重荷をとうとう持ち上げることが出来ず、恨み死してしまったことを述べ、ワキ座に近づきワキに荘司の死を報告します。

アイの報告を聞いたワキは重荷のゆえを語ります。こういう形の曲も珍しいと思うのですが、ワキの独白で、老人の叶わぬ恋を思い止まらせようとして、重い荷物を綾羅錦繍を以て美しく包み、いかにも軽げに見せたのだということ。軽そうに見える荷が持ち上がらないのは恋が叶わぬゆえだと気付かせようとしたのに、本人が憤死してしまったのは不憫なことだと語ります。

そしてツレの女御の前に進み、荘司の死を伝えるとともに「彼の者の姿を一目御覧ぜられ候へ」と勧めます。
ツレは二、三足出て重荷に向かって膝をつき「恋よ恋、我が中空になすな恋。恋には人の、死なぬものかは。無慙の者の心やな」と謡います。

そして立とうとするのですが立ち上がることが出来ません。ワキがどうしたのかと問いかけ、盤石におされて立つことが出来ないとツレが答え、地謡が「報は常の世のならひ」と謡って後シテの出となっていきます。

後シテは小袖を被き、ツレの謡の途中で橋掛りに姿を現します。その後、地謡の謡いっぱいに一ノ松まで出て佇む形。あらためて出端の囃子となり、シテは「吉野川岩切り通し行く水の音には立てじ恋死し」と謡って被いていた小袖を外して立ちます。さらに謡いつつ橋掛りを舞台へ進み、地謡が「げにもよしなき心かな」と謡って立廻となります。
観世流では、後シテは鹿背杖をつきつつ登場し、この後のシテの謡でツレに向き「あら恨めしや」とシオリ「葛の葉の」と謡って足拍子を踏んだ後に立廻となります。いささか形が違っていますね。
このつづき、もう一日明日へ
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/853-af00eea2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。