FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

土蜘のつづき

さて「色を尽くして夜昼の」の地謡のうちに「時の移るをも」で幕が上がり、橋掛りからはシテ直面の僧が登場してきます。白大口に沙門帽子を着けていますが、怪しい雰囲気が醸し出されています。

シテは地の上歌のうちに一ノ松まで進み、ここで一セイを謡います。シテは謡の後、左手を差し伸べて頼光に向け「いかに頼光、御心ちは何と御座候ふぞ」と声をかけます。
頼光の謡「くもの振る舞いかねてより」で橋掛りを進み、「知らぬといふになお近付く」と正中へ出て、「かくるや千筋の糸筋に」で、左手、右手と手の中に隠し持った蜘蛛の糸を投げかけます。

地謡の「化生と見るよりも」で頼光は小袖を除け片袖を脱いで太刀を抜き、台から降りてシテに斬りかかります。シテは台上に飛び上がりますが「足もためず薙ぎ伏せつつ」で頼光が飛下るシテの足を払い、シテは「得たりやおうとののしる声に」とさらに左手、右手から蜘蛛の糸を投げかけて橋掛りへ走り、一ノ松でもう一度糸を投げかけて幕に走り込みます。
このシテを頼光は追いかけ幕を見込みますが、再び台に戻って腰をかけます。
高橋忍さんの能は、昨年の羽衣を初め、鬘物を観ることが多く、こういう所作はあまり見ていませんが、なかなかに勇ましい頼光でした。

さて代わってワキ、頼光の家臣の独り武者が早鼓で走り出ます。これに対して頼光が事の次第を語ります。この中で枕元にあった太刀「膝丸」を以て蜘蛛を斬りつけたことから、今日よりは膝丸を蜘蛛切と名づけるという次第が語られるわけです。

ワキは血のあとを追って化生の者を退治すると言い、早鼓で退場。頼光も続いて退場します。
早鼓のテンポが上がり、アイの独り武者の下人が杖をついて登場します。
アイは常座に立ち、立ちシャベリで前場の出来事をまとめて退場しますが、この後一畳台を大小前に移し、後見が塚の作り物を出して一畳台に据え置きます。台は布由樹さんと大塚さんが、塚は光洋さんと横山さんが出しました。(一畳台を下げてしまう演出もありますね)
いよいよ後場の準備が整った形。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/865-1791db66

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。