FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鬮罪人さらにさらにつづき

責メでは、主が正中に出、太郎冠者は常座から目付に出てここで「急げ急げ」と責め、ワキ座へ向かってここでも責め、常座へ戻って舞台を一回り。ここからさらに「急げ急げ」と責めかける形です。

しかし責めようとするたびに主ににらまれ、目付では扇で顔を隠し、ワキ座では座り込んでしまったりなど、太郎冠者がびくつくところも見せ所。
しかし常座に戻って、杖を使い主人を責めていると、つい調子に乗って杖で主を叩いてしまいます。

これには主人が「身共を散々に打擲した」と大いに怒り、太郎冠者は橋掛りに逃げます。一ノ松で、拗ねた様子で杖を捨て座してしまいますが、立頭が太郎冠者をくどき、今度は装束を着けて稽古をすることにします。

主は白練を壺折に着け、白鉢巻をして長杖を持った罪人の姿。
一方の太郎冠者は派手目の厚板を壺折に着け、武悪の面を被って杖を持ちます。

再び常座に立った太郎冠者「それ地獄遠きにあらず、極楽遙かなり。いかに罪人急げとこそ」と謡い、再び責メになります。

目付、ワキ座とやはり主を恐れた所作が入ります。常座に戻って主を責めますが、そっと寄って持った杖を優しく主に当てる形。
すると主が「あら悲しや」と罪人の謡を始めたため、太郎冠者は調子に乗り、杖を竹馬にして主を先導する形で、舞台を回ります。

さらに舞台から橋掛りへと竹馬の形で進みますが、三ノ松で振り返ると主は正中に立ったまま。呼んでも来ないので、太郎冠者は舞台に引き返し、主を押し倒して逃げていきます。怒った主人がこれを追い掛け、一同がこれを止めようと続いて留。

主、太郎冠者、立衆、それぞれに性格付けがハッキリしていて楽しく拝見しました。
一同が退場してしまうと一人残った後見の茂さんが「なお千秋や万歳と。俵を重ねて面々に。楽しうなるこそ目出たけれ」附祝言、靱猿を謡って会もお開きになりました。いやあ面白かった。
(42分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/884-31b436cd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。