FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花筺さらにさらにつづき

カケリの後はやや落ち着いた風で、謡に合わせる形で道行となり「玉穂の宮に着きにけり」と玉穂の宮に到着した形。シテ・ツレ共々に橋掛りへと進み、ここで旅装を解く感じで笠などを後見に渡します。
後シテ、ツレは一度舞台に入っていますが、後見は北浪さんお一人が出ていただけで、シテ・ツレが橋掛りに入ると幕から銕之丞さんが進み出てシテの笠をとり、装束を直す形でした。

シテ、ツレがクツログ形になると、子方の一行が紅葉狩りの道中を進める場面となり、ワキが立って謡います。
これにあわせる形でシテとツレが橋掛りで謡い出し、ツレが花筺を手にして「御幸の前に進みけり」と舞台へ入りますが、怪しんだワキが咎めて扇で花筺を打ち「そこ退き候へ」ときめます。

ツレは花筺を取り落としますが、両手で拾い上げて橋掛りに向かいシテに子細を告げ、これを受けてシテは舞台に入ります。
実はこの取り落とした花筺をツレが両手で拾い上げてシテに渡す所作あたりが、実に趣きがありまして、思わずホロッとしてしまった次第。

シテは受け取った花筺を両手で抱くようにし、大切な思いを込めるような風情です。ワキが声をかけると、籠を左手に持ち替え、扇を右手にとって舞台へと進みます。
ツレが大小前、シテは常座へと出てシテ、ツレの謡になり、ツレ「打ち落とし給ふ人々こそ」シテ「我よりもなほ物狂よ」と謡って、ツレが地謡前に下がりクルイになります。

クルイは「恐ろしや恐ろしや」と謡い出されますが、今回は大返の小書きがついているために、最初の「恐ろしや」の後に大小の替の手がはいります。
シテはこの手の間に一度目付まで出て思いを込めた感じで常座に戻ります。このクルイの謡い出しは通常の形でもなかなかに深いところですが、さらにここが広がって深い思いを示した感じになりました。

さらに今回は筺之伝の小書がついているためクルイは花を盛った籠を持って舞う形です。
このつづき、もう一日書いてみたいと思います
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/894-9164b93f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。