FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

口真似 大藏彌太郎

金春会定期能 国立能楽堂
シテ 大藏彌太郎
アド 大藏教義 宮本昇



割合上演回数の多い曲だと思います。和泉にもあって、大藏でも和泉でも何度か観ていると思うのですが、違いは良くわかりません。



要は、太郎冠者が主人に「自分の真似をしろ」と言われたので、一から十まで真似をして、客を叩いたり耳を引っ張ったりの大騒ぎ、という話。
こういうドタバタものは面白いですね。



しかしふと考えてしまうのは、これってひたすら真似をしてドタバタの種となっている太郎冠者を笑おうとしているのか、それとも、実は太郎冠者に翻弄されているのは主人だ、というある意味ブラックな笑いなのか、どっちなんでしょうね。
大名狂言などは、おおかた大名がぼんくらだったりするわけで、萩大名などが典型的ですが、狂言を観ていると奥が深そうな気がします。



ところで大藏彌太郎さんに吉次郎さんのご兄弟、従兄弟の善竹十郎さんが、どうも区別がつかないという話を別なところに書いたのですが
「おっ、彌太郎さん歯が一本欠けてる」
じゃありませんか。意外な発見。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/9-a6e32cbd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。