FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町さらにつづき

ツレの小町が一ノ松の少し前にかかったあたりで、シテ深草の少将が衣を被いた形で姿を現します。ツレはそのまま橋掛りを歩んで常座に出ますが、紺地の熨斗目を被いたシテは前屈みのままに一ノ松に立ちます。

一声の囃子でのシテの出ですから、一ノ松でシテが一セイを謡うのが通常の形でしょうけれども、ここではシテは熨斗目を被いて潜んでいる感じのままで、ツレが常座で「うれしの御僧の弔やな 同じくは戒授け給へ御僧」と謡います。生前の小町の姿を現したためか、前場の姥とは異なった調子の高い謡です。

ツレは受戒して成仏することを願いますが、シテは「いや叶ふまじ」とワキを止めます。この言葉にツレは「こは如何に」とシテを振り返りますが、シテは小町だけに仏道を成就はさせないと謡い「はや帰り給へやお僧たち」とやや衣を上げてワキを見やる形から、再び深く衣を被きます。

ツレは仏道成就を願い「薄押し分け出でければ」と正中に出ますが、シテは「褁(ツツ:機種制限で表示されない場合は"果"の下に"衣"ないし"衣から鍋ぶたをのぞいた部首"を書く字)めど我も穂に出でて」と謡いつつ被きを上げて衣を落とし姿を現します。
痩男に黒頭ですが、白練を着け薄い浅葱のような色の指貫に紫の縷狩衣を肩上げにしています。装束からみると高貴な人物だけれども身も心もボロボロになってしまっているという形でしょうか。
この装束は雨夜之伝の小書によるようですが、白大口に水衣の常の装束よりも、より少将の百夜通いでの憔悴ぶりが強調されるように思います。
金剛流の替装束という小書を観たことがありますが、たしか白練にこの日と同じような薄い色の指貫でした。(狩衣は着けていなかったと記憶しています)

ツレが、シテに招かれても留まらないと謡ううちに、シテは橋掛りを進みます。「打たるると離れじ」と謡いつつシテ柱あたりで止まり、ツレの謡の間にツレに寄り「袂を取って引き止むる」と両手を伸べて袂を取る形になります。執心の強さを示す場面展開です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/907-30304470

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。