FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大原御幸のつづき

まず最初に後見が寂光院に擬した藁屋の作り物を出してきます。
この藁屋、観世、金剛、そして本田さんがなさった金春の各流では大藁屋を出し、シテの建礼門院に加えて、ツレの大納言局と阿波内侍も中に入っています。(金剛流の大原御幸は観たことがありませんが、大藁屋を出すと聞いています)

一方、宝生流と喜多流は建礼門院のみが入った藁屋を出しますが、引廻しが下ろされた時の印象からいうと、大藁屋の方が見た目によい感じがしています。

それはさておき、朝顔の蔓とおぼしきものが屋根にもつけられた藁屋が持ち出され、大小前に据えられると、ツレの大納言局と阿波内侍が登場し、大納言局が地謡前に阿波内侍は笛座前あたりに着座します。
二人とも花帽子に面を包んでいますが阿波内侍を年長として扱っているようで、先に出た大納言局が紅入の縫箔だと思うのですが、その上に青鼠のような色の水衣をつけ、若い女の面を薄い浅葱の花帽子で包んでいるのに対して、後から出た阿波内侍は無紅で水衣も枯草色のような感じです。深井か何か中年の女の面を、こちらは薄い萌黄の花帽子で包んでいます。
ずいぶん前に観ただけなので忘れてしまいましたが、たしか観世流では大納言局と阿波内侍は水衣を着けず、前シテもまた水衣無しで出たと思います。ものの本ではツレが水衣を着けない方が一般的のようですが、私は花帽子を着けるときには水衣も着けた方がバランスが良いような気がしていて、今回のような装束の方が観ていて落ち着きます。

つづいてワキツレが袷狩衣に白大口、洞烏帽子の大臣姿でアイを従えて登場してきます。この曲は登場人物も多い上にそれぞれの役がなかなかに重要です。ワキツレという役回りですが、この大臣の詞がその後の展開に大きな影響を与える大事な役で、森常好さんらしい堂々とした語り口が雰囲気を出しました。

ワキツレは、法皇が寂光院に建礼門院を訪ねる旨を述べ、アイを呼び出して道筋を清めるように命じて退場します。常座に平伏して命を受けたアイは、ワキツレの退場を見送ると目付に出てその旨を触れ、狂言座に着座します。
いよいよシテの出が近づいてきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/914-b159e78e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。