FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大原御幸さらにつづき

シテが引廻しの内から「山里はものの淋しき事こそあれ、世の憂きよりはなかなかに」と謡い出します。見所まで悲しみが伝わってくる物寂しい謡です。次の「住みよかりける柴の樞」からは観世流では内侍、局と三人で謡いますが、この日はサシ全部をシテ一人で謡いきりました。
強く感情を込めるという訳ではなく、むしろ淡々と、それでいて泣き出しそうな悲しみの伝わってくる謡が引廻しの中から聞こえてきます。しかもこのサシの謡まで、一切囃子が入りません。ワキツレの登場も名乗り笛はありませんでしたので、実に静かな舞台が続いています。

シテの謡を地謡が受け「折々に心なけれど訪ふものは」と下歌を謡い、ここで初めて囃子がアシライます。上歌の「雨原憲が樞とも」あたりで引廻しが下ろされて、床几にかかったシテが姿を現しました。引廻しの中でシテが謡い出すというのは宝生流のみの形のようで、他流ではアイが下がるとそこで引廻しを下ろしシテが姿を現すようです。大藁屋だと三人が並んでいますから、引廻しを下ろすところ自体が一つの見せ場になりますね。

さて現れたシテは純白の花帽子に面を包み、紫の水衣を着けて水晶の数珠を持っています。シテは左方の局に向いて「いかに大納言の局、後の山に上り樒を摘み候ふべし」と言葉をかけます。
これに局が「わらはも御供申し・・・」と答え、地謡の「仙人に仕へさせ給ひて」あたりで局が地謡から差し出されていた花籠を左手に取り、立ち上がってシテに寄り「御花筺とりどり」で花籠を手渡します。

シテは花籠を左手に持ち右手で柱を掴んで作り物を出ます。そのまま大納言局を従えて、大小でのオクリ込みで中入りです。大変風情ある後ろ姿で感じるところ多々あったのですが、ただ、考えてみれば大原御幸は壇ノ浦の戦いの翌々年と言われていて、まだ女院は三十代初めだったはず。それにしては運びが老女のようで、そう考えると違和感があるのですが、全体の動きの中に上手く溶け込んでしまっているような感じでした。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/915-106f196a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。