FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大原御幸さらにさらにつづき

シテと局が幕に入ってしまうと、アシライから一声に囃子が変わり、法皇が先頭に立って輿舁を従え、ワキの萬里小路中納言を従えて登場してきます。
法皇は直面で花帽子を着け、白綾に指貫込大口、水衣に掛絡をかけています。花帽子が濃い褐色のような色で、これは今まで見たことがありませんが、宝生流だけの形でしょうか。

法皇は舞台に入り、正先に立って輿舁が少し横から輿を差し掛ける形になります。ワキの中納言はその右後ろ、見所から見ると左後ろになりますが、法皇に従う感じに立って、輿舁とともに一セイを謡い、続いて「分けゆく露もふかみ草、分けゆく露もふかみ草、大原の御幸急がん」と次第を謡います。

謡いつつ徐々に歩みを進め、地取りのうちに法皇は橋掛りへ進んで一ノ松あたりに立ちます。ワキは常座で法皇に向かって座し、平伏して大原に着いた旨を告げた後、立ち上がって正面に向き直り、ワキの謡になりますが、ここは平家物語の原文を引いた聞かせどころです。どう謡っているのか捉えられないような複雑な節付けがされていて、「池の浮き草波にゆられて」あたりは、池の水面が静かに揺れているような謡です。
面を上げて遠くを見やったり、寂光院の有様を見渡すように謡って「君の御幸を、待ち顔なり」と橋掛りの法皇に向き平伏します。

これに法皇が「法皇池の汀を叡覧あつて」と謡い出し、地謡になると「水の音さへ由ありて」とワキは下居のまま中正面奥の方を見やる感じ。これに法皇も合わせて、名所教えのように二人で景色を眺めるような雰囲気です。

輿に乗った法皇が道中を進んでいく様なので、この辺りは法皇は輿の中という設定。ワキは「甍破れては霧不断の香をたき」で立ち上がり、ゆっくりと向きを変えながら地謡いっぱいに作り物に向いて、「これなるこそ女院の御庵室にてありげに候」と言って寂光院に着いた形になります。
ワキと阿波内侍の問答になりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/916-3a7685e1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。