FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

泰山府君さらにつづき

中入りではアイの花守が「花の枝を折る音がした」と狂言座から立ち上がり、舞台に入って花が折り取られているのを見つけます。

アイの松田さんも狂言共同社の方のようで、初めて拝見しました。常座での立ちシャベリの後、花が折られていることを中納言に告げようと正中に出、ワキと向かい合います。
花垣も壊されておらず、人が立ち入った跡もないので、もしや天人の仕業かもしれないと述べ、泰山府君に祈願することを勧めて退場します。

出端の囃子になり、後シテ泰山府君が登場。黒頭に唐冠、袷狩衣を衣紋附けにし半切の姿で一ノ松に立ちます。堂々とした姿。
「そもそもこれは五道の冥官、泰山府君なり」と名乗り、「佐国まさに身を捨てて、後の春を待たず」と謡いながら舞台に入って常座に立ちます。

「手折れる者は何者ぞ」と左袖を返して桜を見込み、神通力をもって桜を手折ったのは天人の仕業と見極めます。シテと地謡が掛け合いの謡となるうちに、ツレの天人が幕を出ます。緋の大口に白の舞衣、天冠を着けて手には桜の一枝を持っています。前場で手折った桜を抱きかかえるようにして中入りしていますので、その天人が本来の姿で現れたというしるしですね。

ツレが姿を現すとシテは橋掛りに向かい、一ノ松あたりで唐扇をもって招き扇し、シテは舞台へと戻り、これにしたがってツレも一ノ松へと進みます。

地謡の「花実の種も中空の」でシテは力強く足拍子を踏み、笛座前の床几にかかりますが、ツレは地謡の「天人忽ち現れたり」に合わせて舞台へと進み、正中で答拝して天女ノ舞となります。
このつづきはもう一日、明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/925-2e6896dc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。